モンキーのライトゲーマーブログ

ゲームの感想やプレイ日記、情報など書くブログ。Twitterでも情報発信しています。お気軽にフォロー下さい。19/11/7 1500PV/1日達成。目指せ10,000PV/月!

【ディビジョン2】ソロレジェンダリー珍道中@ユニオンアリーナ タレドロスキルマンビルドの挑戦 vol3 〜モンキーの、俺はディビジョンエージェントその50〜

男がふと目を開けると、どこかでみたような場所にいた。

f:id:monkeyS:20200707001619p:image

何か、とても重要な何かが起きたような気がするが、そのことを考えると頭が痛くなるのでやめる。

 

とにかくその男、モンキーは目の前にあった弾薬箱から弾を補充し、フェンスで囲まれたその場所、アリーナへと入っていった。

f:id:monkeyS:20200707001628p:image

 

その場所には、奇妙な既視感が漂っていた。

なんとなく、どこに敵がいるのかがわかるのだ。

よくわからない確信に突き動かされて、モンキーは目の前の段差を上り、そこにタレット様を設置した。

f:id:monkeyS:20200707001702p:image

 

「確かこの次は…」

何故か身体が最適な動きを選び取り、モンキーは段差から飛び降りた。

f:id:monkeyS:20200707001717p:image

すぐに敵の攻撃が始まる。

しかし高所に設置したタレット様は圧倒的力で敵を粉砕していく。

 

あらかた片付いてきたあと、モンキーはまた謎の確信に突き動かされてタレット様の設置場所を変えた。

f:id:monkeyS:20200707001737p:image

「次はあそこからロープで降りてくるはず…!」

 

するとなんという事でしょう!?

敵がロープでするすると降りてきたではありませんか!?

f:id:monkeyS:20200707001756p:image

それを見るとモンキーは、想定通りドローン様も繰り出し、降りてきた敵を集中放火した。

不意を突かれた敵はあっという間にその数を減らしていく。

f:id:monkeyS:20200707001837p:image

 

「ここまではいいんだ…次なんだ…次が…」

モンキーの胸中に膨らむ不穏な空気が、呟きとなって発せられた。

 

その時彼の脳裏にはっきりと、自分が死んだ時の光景が思い出されていた。

次々に襲ってくる敵、あちこちに置かれる緑温泉、ゾンビ並みに蘇っていく敵兵達…

そして最後に敵に囲まれ…

四方八方から銃火が…

 

「う、あわぁぁぁぁっ!!!?」

彼は思い出していた。

「そ、そうだ…俺はここで…何回も死んだんだっ!!な、なんで俺はまだ生きてるんだ(ゲームだからですw)!??こ、これが"死に戻り"ってやつなのか(違いますw)!??」

 

その時、アリーナの二階席から次々に増援が現れた。

記憶通りだ。

とにかくその場で迎撃する。

が…

 

f:id:monkeyS:20200707001927p:image

「ああっ!?緑温泉…あああっ!??メディックがぁっ!??や、やめろ…やめてぇぇぇ…」

そして最後に敵に囲まれ…

f:id:monkeyS:20200707001948p:image

四方八方から銃火が…

モンキーは死んだ。

f:id:monkeyS:20200707002007p:image

………

……

男がふと目を開けると、どこかでみたような場所にいた。

何か、とても重要な何かが起きたような気がするが、そのことを考えると頭が痛くなるのでやめる。

 

とにかくその男、モンキーは目の前にあった弾薬箱から弾を補充し、フェンスで囲まれたその場所、アリーナに…入らずにため息をついた。

「なるほど、死んだらここに戻るのか...」

一息つきつつ、なんとか記憶を辿る。

「モールを突破したあと...」

 

モールを突破したモンキーは、次の物置エリアをなんなく突破し...

f:id:monkeyS:20200707002031p:image

駐車場エリアは、ドアを開けないという卑怯この上ない手段で突破し...

f:id:monkeyS:20200707002044p:image

最後の関門、キッチンを瀕死になりながら突破して...

f:id:monkeyS:20200707002056p:image

ここまでたどり着いたのだった。

 

ここ、アリーナは最終エリアだ。

最初に配置されていた敵はそれほど多くなく、正直楽勝なのでは?とすら思った。

しかし、第3陣で来る増援、これが鬼門となって立ち塞がっている。

 

第3陣には、緑温泉ことサポートステーションを設置してくる"温泉管理人"が3人、ゾンビ兵製造人ことメディックが3人も出て来るのだ。

他にもうじゃうじゃと敵が現れるので、

倒しても倒してもゾンビの如く敵は生き返るし、削っても削っても温泉で回復するし、ストレス限界突破5000%の修羅場になるのであった。

 

しかしモンキーもただ死んでいたのではない。

死にまくりながらもなんとか攻略の糸口を掴みつつあった。

 

まず何よりも先に排除すべきは、メディックである。

こいつをほっておくとゾンビ兵がうじゃうじゃ出て来てしまう。

 

そしてもちろん、温泉管理人も。

優先ターゲットが多いのが難問なのだ。

 

そこで重要なのは、どこにタレット様を配置するのか、という点だ。

それはずばり、敵が降りて来る近くである。

当然、近い方が敵を狙えるし、長い時間攻撃し続けられる。

そうして編み出した必勝のタレット様設置場所が...

 

「ここじゃああああっ!!!」

f:id:monkeyS:20200707002134p:image

 

数えきれない死に戻りで見出したその場所から、タレット様が次々と優先ターゲットを蹴散らしていく。

f:id:monkeyS:20200707002156p:image

 

そこから撃たれた敵たちは、ちょうどアリーナ中央の狙いやすい場所に逃げていく。

f:id:monkeyS:20200707002210p:image

そこをドローン様とモンキーは狙い撃つ。

そうして早々とメディックを片付けてしまえば、あとは温泉管理人を抹殺するだけだ。

設置された緑温泉を壊しつつ...

f:id:monkeyS:20200707002254p:image

 

敵を殲滅する。

f:id:monkeyS:20200707002301p:image

すると...

 

ついにこのミッションのボスが現れたのであった。

f:id:monkeyS:20200707002336p:image

 

ボス戦での優先事項は2つ。

"ボスと距離を置く"ことと"ボス以外を瞬殺する"ことだ。

ボスとともに、またしても温泉管理人とメディックが現れる。

こいつらをどうやって瞬殺してボスとのタイマンに持ち込むかが、ボス討伐の成否を分けるのであった。

 

モンキーはやはり死にまくった経験から導き出した場所に、タレット様を設置した。

「丸見えなんだよクソどもがぁぁぁっ!!」

2階、ボスたちが現れる正面。

f:id:monkeyS:20200707002436p:image

そこからタレット様ドローン様とともに一斉射撃でモブ達を抹殺する。

 

迫って来るボスから離れつつ、モブを狩っていき...

f:id:monkeyS:20200707002452p:image

 

ついにボスとのタイマンが始まった。

 

ボス戦は大きく2つのステップに分かれる。

"地獄の隠れんぼ"と"地獄の鬼ごっこ"である。

 

このボス、卑怯なことに(お互い様か…)バックパックを壊さない限りダメージを入れてもあっという間に全快してしまう。

 

なのでまずは、バックパックを壊す必要があるのだが、これがまたイナバ物置並に硬い!

しかも敵の攻撃は激烈で、正面から撃ち合いなんかした日にはトラックに踏み潰される蟻みたいな結末を迎えてしまう。

また、定期的になぞの範囲型攻撃、通称"超速蚊取り閃光"を繰り出して自分の周囲の相手に大ダメージを与えて来る。

 

そこで、"地獄の隠れんぼ"となるのだ。

 

モンキーはドローン様を引っ込めると、おもむろにとあるものを取り出し、放り投げた。

f:id:monkeyS:20200707002858p:image

すると、あら不思議!そこにモンキーがもう1人現れたではありませんか!!

そう、デコイである。

 

それを見たボスは、ケーキを差し出された子供のように夢中でデコイを撃ち始めるのだ!!

まさにアホである。

 

その隙に、タレット様をわざと目立つところに設置するモンキー。

f:id:monkeyS:20200707003411p:image

するとなんということでしょう!

デコイに飽きたボスは、今度はタレット様を必死こいて撃ち始めたではありませんか!!

本物のアホである。

 

そしてこそこそと距離をとってボスの背後で動く影。

f:id:monkeyS:20200707003220p:image

「ぐへへへへ...撃ち放題だぜ...」

卑怯の極みである。

 

これを、30分以上(マジです)繰り返すのだ。

撃ち続けると、バックパックの中で焼き芋でも焼いてるのかと思うくらい煙が噴き出して来る。

f:id:monkeyS:20200707003016p:image

そこから更に弾を500発くらい撃ち込むと(マジです)、ようやくバックパックが壊れた!!

 

そこからが"地獄の鬼ごっこ"のスタートである。

といってもやることは大して変わらない。

デコイをドローン様に変更し、タレット様を目立つところに設置。

3人で必死こいて頭を撃ち続けるだけだ。

 

ただし、この段になると敵も流石にこちらを狙って来る。

"超速蚊取り閃光"はもう使ってこないので、うまく障害物に隠れて逃げながら、地道に、本当に地道に削っていくのだ。

20分以上(マジです)...。

 

隠れて...

f:id:monkeyS:20200707003039p:image

削って...

f:id:monkeyS:20200707003047p:image

逃げて...

f:id:monkeyS:20200707003039p:image

削って...

f:id:monkeyS:20200707003047p:image

以下同文×100回ほど...

 

そしてようやく...

f:id:monkeyS:20200707003147p:image

 

決着の時

f:id:monkeyS:20200707003214p:image

 

先程までの死闘が嘘みたいに、そこには静けさだけが残っていた。

f:id:monkeyS:20200707003444p:image

 

倒れ伏した強敵を見ながら、モンキーは静かに呟くのだった。

f:id:monkeyS:20200707003501p:image

「もう二度とやらねぇ...」

f:id:monkeyS:20200707003508p:image

 

おしまい!

この時のビルドはこれです。よければどーぞ。

www.youtube.com

 

前編はこちら。

monkeys.hatenablog.jp

 

monkeys.hatenablog.jp

 

ゆるゆるゲーム日記 ラストオブアス2 その1

ディビジョン2の新レイドが来る前に、と思ってラスアス2を買ったのだけど、全然終わらないw

まぁ、プレイ時間限られてるから仕方ないけど…

 

しっかししょっぱなから衝撃的な展開やったな…

確かに"復讐劇"だね。

でもあのキャラ好きなのになぁ…

ちょい残念…

 

前作もプレイしてるからハードで始めたけど、今のところ物資が余って来る感じになってきたから、いい感じ。

サバイバルでやってもよかったかな…?

 

グラフィックや音楽の雰囲気は抜群。

でもグラフィック進化したからエグいシーンもよりエグいw

 

ま、のんびり進めるかな…

ゆるゆるゲーム日記 ディビジョン2 その12 なんとかフューチャーパーフェクトを使いたい

一応、こうしようと思っていた装備は揃って組んでみた。

……ううーん??

って感じw

 

ソロレジェで使いたいから、アーマー 自動回復と青コアは一つ入れたかった。

で、黄色盛りではなく赤盛りの方が武器でキルできてフューチャーパーフェクトが輝くと思ったから赤盛りにした。

スキルはあくまで補助、ヘイト取りが目的というか。

 

結果、火力はまあ許せる範囲、ソロなら結構パーフェクト発動し、防御力もまあ、許せる範囲、というとてもびみょーなビルドになった…

 

アサルトをメインにしたので赤モブの溶けは半端ないけど、紫黄色はちょっと手間取る。

アーマー自動回復を入れた都合上、クリダメを捨てているのが問題かなぁ…

 

そのぶんハリスとかコントラ入れてアーマーダメ盛ってるんだけど、もう一声火力欲しいかな…

やっぱり武器タレントで攻撃力が上がらないのが大きいのかも…

 

まあ楽しいからいいかなw

【ディビジョン2】ソロレジェンダリー珍道中@ユニオンアリーナ タレドロスキルマンビルドの挑戦 vol2 〜モンキーの、俺はディビジョンエージェントその49〜

薄暗い通路に、男の洗い息遣いが響いている。

彼は血走った目で、ぶつぶつと何事かを呟きながら、しきりに時計を気にしているようだ。

と、そこに新たな音が加わった。

 

ザシュッザシュッザシュッ…

 

男がはっと顔を上げる。

「き、来た…ついに…奴らが…入って来た…このイナバ物置に…!!」

 

青ざめた男の脳裏に、ここに至るまでの出来事が走馬灯のように駆け巡った。

…………

姑息な手段でアリーナ入口の敵を殲滅したモンキーは、更に先へと進む。

時には姑息に後ろに下がり…

f:id:monkeyS:20200624150124p:image

時には思わぬところにタレット様を設置して…

f:id:monkeyS:20200624150136p:image

敵の弱点を容赦なく突き…

f:id:monkeyS:20200624150142p:image

ホワイトボードにタレット様を設置してみたり…

f:id:monkeyS:20200624150152p:image

待ち伏せする敵をスルーして逃げ帰ったり…

f:id:monkeyS:20200624150304p:image

ザリガニでも釣るかのように敵をおびき出したり…

f:id:monkeyS:20200624150415p:image

タンクがめんどくさがって近づいてこないところで戦い…

f:id:monkeyS:20200624150457p:image

そしてついに…

f:id:monkeyS:20200624150544p:image

モールエリア、通称死のモールまで辿り着いたのであった。

 

流石のモンキーも、モールを前に立ち止まった。

ここはまさに死のエリア。

数知れない仲間(自分ね)がここで命をたらせたのだ。

 

死んでいった仲間達の情報を総合すると、ここの戦い方は大きく2つ。

1つはモールに入って一気に最上階である3階まで駆け上がる方法。

この方法のメリットは全体が見渡せる、かつ敵の来るルートが制限されることだ。

 

ただし難点もある。

それは、その3階から、忌々しいタンクが2人も増援で現れることだ。

恐らく火力がもっとあれば、もしくは的確に撃ちぬける実力があれば、3階でもなんとかなるのかも知れない。

モンキーはこの3階で戦うルートを"勇者ルート"と呼んでいた。

 

そしてもう一つのルート。

モンキーはこのルートを"イナバルート"と呼んでいる。

というのもモールの入口は、なんというか物置みたいな金属製の箱になっている。

f:id:monkeyS:20200624150621p:image

この物置みたいなとこに閉じこもって戦うのだが、この物置がどれだけ爆撃されようが撃たれようが壊れないのだ。

そしてその中に閉じこもりながら、「さすがイナバ、100人乗っても大丈夫!ってね」と誰かが呟いたのがイナバルートの由来である(ほんとかよw)。

 

まあとにかく、イナバルートであってもタンクが迫ってくるのには変わりなく、逃げ場もないので結局死闘になるのは違いないのであった。

 

そして今回モンキーが選んだのは勿論…

 

「いやー、やっぱり勇者だよな〜勇ましいもんねやっぱり、いや〜そんな物置に芋るとかね〜ないないそんなねぇ〜」

といいつつ、イナバ物置に居座るモンキー。

 

「いや〜やっぱ勇者ね、いいんだよねぇ〜、でもなぁ〜ちょっと見つかりそうというか、見つかると思うからなぁ〜仕方ないよね!」

 

どうでも良い言い訳を並べ、おもむろにタレット様を出来る限りモールの中央に設置する。

f:id:monkeyS:20200624150723p:image

そして大急ぎでイナバ物置へ!!

f:id:monkeyS:20200624150752p:image

そこに殺到する弾丸の嵐、吹き荒れる爆風。

f:id:monkeyS:20200624150925p:image

しかし…

「さ、さっすがイナバ、100人乗っても…」

ヒュルルルルルーチュドォォォォォン!!

f:id:monkeyS:20200624150824p:image

「だ、大丈夫…!」

 

ただこのイナバ物置、欠点がある。

それは、敵の姿がほとんど見えないことだ。

なのでどの敵を攻撃するか、撃破できるかはけっこう運次第なところもある。

そんな状況でも、なんとしても撃破したい敵がいる。

それがグレネーダーである。

 

「エアバースト発射っ!!」

とか言ってグレネードを撃ってくるのだが、お腹に四次元ポケットでもあるのだろうか、めちゃくちゃ連発してくるのだ。

この連続攻撃に巻き込まれると、かなりの確率で天に召されることになる。

後半にタンクが来ることを考えると、是が非でもグレネーダーだけは撃破したいのだった。

 

そして次の優先ターゲットは言わずもがな、ク◯戦車ことミニタンクである。

ただこいつらはダメージを受けると飼い犬のごとく飼い主の元へ戻って行って撫で撫で、もとい修理されてしまう。

射線が通れば戻っているうちに撃破できるのだが、いかんせんイナバ物置の中からでは狙い辛く、倒せればラッキー程度にモンキーは考えていた。

 

 モンキーはイナバ物置に守られながら、

グレネーダー来いグレネーダー来い...」

と祈る。

やつらは姑息なことに、3階などの狙いにくい場所に陣取り、一方的に攻撃して来ることが多い。

 

ただ今回は運が良かったのか、グレネーダーたちは下に降りて来てタレット様の餌食となっていく。

f:id:monkeyS:20200624195240p:image

 

「はーはっはっはっはっはっはっはっ!!!死ぬがいい雑魚どもがぁ!!」

中国の古い言葉にこういうものがある。

"虎の威を借る狐"。

いや、この場合は"虎の威を借る猿"か。

 

相変わらず自分は何もしていないのに調子に乗る残念な男であった。

しかし驚くなかれ、この後、この男に死の試練が訪れるのであった...

 

それはモール内の第一陣があらかた片付いた頃...

ついにタンク達が現れたのである。

 

「来やがったな…」

さしものモンキーも緊張で顔が引きつっている。

彼は大急ぎでタレット様をモール中央に配置しようとした。

f:id:monkeyS:20200624195941p:image

 

「って…ぎゃあああああっ!??」

だが思ったよりもタンクたちが近くにいたらしい。

激しく銃撃され、あっという間にアーマーが禿げる!!

f:id:monkeyS:20200624200052p:image

 

「ぐおおおおっ!??負けるかぁぁぁぁっ!!」

死に物狂いでタレット様を放り投げ、イナバ物置へ避難!!

臆病風に吹かれてアーマーを多めに積んでいたのが功を奏し、ギリギリのところで設置に成功した。

 

しかし安心してはいられない。

今回設置したタレット様は、言わば時間稼ぎなのだ。

タンク以外にも敵が殺到してくるため、全てを捌ききるのは不可能。

それはつまり、最後はイナバ物置の中で戦うことを意味していた。

 

モンキーは大慌てでリストアラーハイブを手に持ち、ぽいっと設置した。

さすがにアーマーが削られたままでは即死だからだ。

f:id:monkeyS:20200624200503p:image

 

回復しながら、待つ。

すると、外でタレット様が破壊される音がした。

 

近づいてくる足音。

タレット様復活まで…15秒…14…13…12…

f:id:monkeyS:20200624200534p:image

 

足音はどんどん大きくなっていく。

 

薄暗い通路に、男の洗い息遣いが響いている。

彼は血走った目で、ぶつぶつと何事かを呟きながら、しきりに時計を気にしている。

6秒…5…4…

 

ザシュッザシュッザシュッ…

 

モンキーがはっと顔を上げる。

「き、来た…ついに…奴らが…入って来た…このイナバ物置に…!!」

 

2秒…1秒…

「ふぁぁぁあ…よく寝た…待たせた…」

 

タレット様が何事か呟くのを無視して速攻で放り投げるモンキー。

f:id:monkeyS:20200624200632p:image

 

タンクがぬっとイナバ物置に入ってくるのと、タレット様の配置は…ほぼ同時!

すんでのところで間に合ったようだ。

f:id:monkeyS:20200624200701p:image

 

しかし安心ばかりはしていられない。

何故なら…

プシューッ!!ズバババババっ!!

f:id:monkeyS:20200624200725p:image

 

「ギャァァァァアっ!!!」

タンクの背中から発射されたスティンガーハイブが、イナバ物置の壁を貫通してモンキーに突き刺さった!!

 

狭いイナバ物置の中ではもう、撃たれるがまま…

ボロボロになったアーマーは、しかしリストアラーハイブによって修復された。 

f:id:monkeyS:20200624200753p:image

 

「おらおらおらあああっ!!かかってこんかいいいいっ!!」

ズババババッ!!

「ぐはっ!」

回復ピュリリリーン

「はぅん…」

ズババババッ「ぐはっ」

ピュリリリーン「はぅん」

……

 

イナバ物置での対タンク戦術…

それはずばり、殴り合いである。

モンキーはこの戦術を、"幕の内一歩スタイル"と名付けていた。

 

流血と回復を繰り返しながら、タレット様と共にLMGを打ち込むモンキー。

f:id:monkeyS:20200624200828p:image

「ぐはっはぅんぐはっはぅん死ねやぁぁあ!!!はぅん」

 

壮絶な殴り合いの末、ついに一人目のタンクが崩れ落ちた。

f:id:monkeyS:20200624200923p:image

「っしゃぁぁぁっ!!!ぐはっ!はぅん!」

 

しかし続け様に次のタンクが襲ってくる。

f:id:monkeyS:20200624200954p:image

徐々にリストアラーの残量も減り、タレット様も削られていく。

 

「ま、負けるかぁぁぁぁっ!!」

最後の力を振り絞り、全力で攻撃するモンキー。

f:id:monkeyS:20200624201051p:image

 

そしてついに…

f:id:monkeyS:20200624201121p:image

「うおおおおおっ!!!エイドリァァァァン!!!」

暗い倉庫に勝利の雄叫びが響いた。

 

その後のことはよく覚えていない。

犬やらミニタンクやらが出て来たが、アドレナリンマックスのモンキーの敵ではなかった。

 

やがて最後の銃声が響き、後にはエージェントが1人立っていた。

f:id:monkeyS:20200624201428p:image

 

こうしてモールの死闘はモンキーの勝利に終わったのであった。

 

続く?

 

この時のビルドはこれです。よければどーぞ。

youtu.be

前編はこちら

 

monkeys.hatenablog.jp

 

 

【ディビジョン2】ソロレジェンダリー珍道中@ユニオンアリーナ タレドロスキルマンビルドの挑戦 vol1 〜モンキーの、俺はディビジョンエージェントその48〜

 

とある嵐の日…

1人の男が降りしきる雨の中佇んでいた。

 

男の名はモンキー。

ディビジョンエージェントである。

彼はこれから、白装束に身を包んだブラックタスク(白タスク)が守る拠点、ディストリクトユニオンアリーナに1人で挑むところであった。

 

「よーし、行ってやるぜ!」

意気込んで突入するモンキー。

f:id:monkeyS:20200617105749p:image

気持ちの上で、彼はもはやランボーになったかのようであった。

 

「よし、ここに隠れるぞ!!」

ただしあくまで気持ちの上であって、行動は完全なるヘタレである。 

f:id:monkeyS:20200617105853p:image

 

彼の戦略はこうである。

「よし!タレット…いや、タレット様を神棚に奉ったぞ!そして、ドローン様…召喚!!さあ…神々よ…敵を殲滅したまえ!!!」

もはや完全なるヘタレであった。

f:id:monkeyS:20200617105942p:image

 

そして男の…いや、タレット神とドローン神対白タスクの死闘の火蓋が、切って落とされたのであった。

 

1ステージ目。

ここは、過去に累々と築かれてきた同志たち(全部自分だけど)により、攻略法が確立されている。

 

「まず倒すべきは…テメェらだク◯戦車ぁっ!!」

威勢よくミニタンクを煽るモンキー。

それが気に食わなかったのか、3台のミニタンクが迫って来た。

 

「……あ、すいません…ちょっと…こっち来ないで…」

コソコソと隠れるヘタレが1人そこにいた。

「おお!!神々よっ!!お助けくださいっ!!」

ヘタレが祈ると、2人の神が攻撃を開始した。

f:id:monkeyS:20200617110148p:image

 

ズダダダダダッ!!

ブーーンッ!!バララララッ!!

その攻撃は苛烈で、ミニタンクは一瞬でヘタレ男のことを忘れ去り、攻撃をそちらに向けた。

 

「へっはっはっはっはぁぁぁっ!!貴様らなど俺の敵ではないわぁぁっ!!」

自分が撃たれないのをいいことに調子に乗るモンキー。

まさにのび太である。

そこに…

 

「おい貴様…」

どこからともなく厳かな男の声が聞こえた。

「は、はいっ!?なんでしょうドローン様っ!??」

「何をサボっている。早く我らに供物を捧げよ…」

今度は厳かな女性の声。

「は、はいっ!お任せあれタレット様っ!!」

 

慌てた様子でモンキーは敵を撃ち始めた。

f:id:monkeyS:20200617110243p:image

彼の戦闘における役割はただ一つ。

それは神々に供物を捧げることだけだ。

彼が信仰を込めて敵を撃てば、何故かドローン神とタレット神がパワーアップするのであった。

 

「くらえっ!くらえっ!あ、こっち見ないで…僕はいいスライムだよ…」

ちまちまと、セコく敵を撃つモンキー。

すると神々の攻撃は強さを増し、あっという間に3台のミニタンクを駆逐した。

 

f:id:monkeyS:20200617110356p:image

「ふふふ…ふははははっ!!あーっはっはっはっぁぁあ!!!ざまぁみやがれク◯戦車がっ!!」

そのあとは残る雑兵たちを蹴散らすだけである。

しばらく敵を片付けていると、どこからともなくヘリのローター音が響いて来た。

 

「来たな…ここは…こうだっ!!」

おもむろにタレット神を持ち、ゲートをくぐるモンキー。

そして、ちょうどヘリの真下あたりにタレット神を…ぽいっ!

f:id:monkeyS:20200617110526p:image

 

「なんということでしょうっ!!敵は全てタレット様に夢中で俺には気付かないのだぁっ!」

そしてそそくさと後ろに下がるヘタレ。

 

「待て貴様…ここは働いてもらうぞ」

「は、はひっ!?」

すると何人かの敵がタレット様ドローン様に撃たれながらもこちらに走って来るのが見えた。

ラッシャーだ。

f:id:monkeyS:20200617110635p:image

 

「う、うわああああっ!??来るなぁぁぁっ!!!」

そこにLMGを乱射するモンキー。

f:id:monkeyS:20200617110710p:image

1マガジン135発すべてを撃ち切る頃…ようやくラッシャー達を倒すことに成功した。

 

しかし一息つけたのも束の間。

次は敵のドローンが次々と飛来して来た。

…タレット様に。

 

まるで親の仇の如くタレット様とドローン様に飛来する敵のドローン。

モンキーは完全に無視されている。

そう、まるで獅子がアリなど眼中に無いかのような、圧倒的無視である。

空気の如き、圧倒的存在感の無さである。

 

あれ?一応、主人公のはずなんだが…

 

「…べ、別に…さ、寂しくなんかないっ!!死ねこるぅぅぁぁぁっ!!」

モンキーがヤケクソ気味に供物を捧げると、ドローン様とタレット様が敵のドローンオペレーターを蹴散らした。

 

そこにさらに、飛来するヘリの音。

ヘリからはついに、あの最強の敵が舞い降りた。

 

「…来やがったなぁぁぁっ!ク◯タンクがぁぁぁっ!!テメェに何人仲間(俺ね)がやられたことかっ!!!!死ねえええっ!!」

 

タンクも他の敵と同じく、タレット様ドローン様に惹きつけられている。

f:id:monkeyS:20200617110806p:image

そこにLMGを打ち込むモンキー。

ついに、1人のタンクの装甲を貫き、そいつは地に伏した。

 

「いよっしやぁぁぁっ!もう1人…!!」

しかしモンキーが喜んだ…

次の瞬間!!

 

パキャッ!

パキャキャッ!!

なんということでしょう!!

タレット様とドローン様が破壊されてしまったではありませんかっ!!

 

そしてそれを見た瞬間!!!

すすすすす〜っと脱兎の如く逃げるモンキー。

いやお前、主人公だからね…??

 

ミッション開始地点近くにある、車まで一目散に逃げるっ!!

f:id:monkeyS:20200617110843p:image

そこは、なぜかタンク達が追いかけてこない安全地帯なのだ。

たぶん、奴らはアーマーが重くて歩くのがめんどくさいんだろう。

 

とにかくそこで、

「おおおおっ!神々よぉぉっ!蘇りたまえええっ!!」

一心不乱に祈りを捧げるモンキー。

15秒程すると再び神々の声がモンキーに届いた。

 

「うむ。よく寝た。」

「さあ、あのデブどもをやろうぞ」

「ははぁぁぁあっ!お願い申し上げます!!」

 

そろそろと車の影から出てゲート近くにタレット様を設置するモンキー。

f:id:monkeyS:20200617110929p:image

そしてドローン様召喚っ!!

「おらおらおらあああっ!!テメェらなんか怖くネェェンだよぉっ!!」

そして自分は何もしてないくせに煽るアホなエージェント。

敵を蹴散らす二柱の神。

 

そして…

アリーナの入口、第一ステージは静寂に包まれた。

f:id:monkeyS:20200617111141p:image

「ふふふふふふははははっ!!楽勝だったな…!」

ほぼ何もしていないくせに勝ち誇る男が1人。

彼はこの先、ろくな大人になれないのかもしれない…

 

そんなことはともかく、アリーナに入るモンキー。

f:id:monkeyS:20200617111346p:image

中には当然、白タスクが待ち構えている。

当然のようにタレット様とドローン様を召喚するモンキー。

f:id:monkeyS:20200617111418p:image

二柱の圧倒的な攻撃の前に、中にいた敵達は蹴散らされるばかり…

と思いきや。

 

「な、なにぃぃぃっ!!?」

敵もさるもの、なんと奴らはサポートステーション、通称緑温泉を設置し、ぬくぬくと回復していくではないかっ!!

f:id:monkeyS:20200617111441p:image

 

「くっ!!な、なんて卑怯なんだっ!!??」

この時敵が思っていたであろうことは、私にだって予想できる。

「テメェが言うなヘタレエージェントがっ!!!」

と白タスク達は思っていたに違いない。

 

とにかく、緑温泉に苦戦しつつも、順調に敵を倒していく二柱。

敵が1人になった時、モンキーはこそこそと何やら準備し始めた。

 

ドローン神を引っ込め、なんと毒を射出するケミランチャーを手に持ったのだ。

f:id:monkeyS:20200617111530p:image

 

そしてタレット様を設置し直し…

f:id:monkeyS:20200617111706p:image

毒ケミを乱射っ!!

f:id:monkeyS:20200617111847p:image

敵が死んだ後も!!

乱射!!乱射!!乱射!!そして自爆っ!!

f:id:monkeyS:20200617111901p:image

危うく自分の毒ケミで死にかけながらも、モンキーは毒を撒き散らした。

 

それは、次に来る敵達への備えであった。

想定通り、タレット様に惹きつけらながら毒霧の中に突っ込む白タスク達。

f:id:monkeyS:20200617111939p:image

アホである。

 

とはいえこの第二ウェーブにはあのにっくきタンクが3人もいる。

毒霧が晴れるころには、タンク達だけが残されていた。

しかしモンキーはそれを直接見てはいない。

 

何故なら!!

姑息にも入口から出て安全なところに隠れていたからだっ!!

f:id:monkeyS:20200617112022p:image

なんという姑息っ!!

 

しかもあろうことか、奴は安全な入口からタレット様を中に投げ入れっ!!

自分は何もせずにタレット様がタンクを倒すのを待っていたのである!!

f:id:monkeyS:20200617112101p:image

なんという外道っ!!

貴様の◯は何色だぁぁぁっ!

f:id:monkeyS:20200617112246p:image

 

そしてついに、敵の気配が消えた。

「ふふふふふふははははっ!!貴様らなど敵ではないわぁっ!!」

f:id:monkeyS:20200617112240p:image

いいのかこいつ、こんなんで…?

 

ちなみに、この時のビルドはこちらです。ご興味あればどうぞ。

youtu.be

 

続編はこちら

 

monkeys.hatenablog.jp

 

ゆるゆるゲーム日記 ディビジョン2 その11 ついにソロレジェクリア!

やったね!

ついにクリアしました!!

 

長かった…

てかクリアする前日、クリア寸前まで行ったのにサーバーリスタートで強制終了させられるという、たぶんディビジョンプレイヤーの中で一番可愛そうな出来事を味わったよ…

 

でもま、楽しかったからいいかな!

けっこうこすい感じで攻めたとかもあるけど、それでもヒリヒリする緊張感をいっぱい味わえたし良かった。

体感的には、TU8の時の、タイダルベイスンソロヒロイックと同じくらいの難易度だったかな?

あれはあれで楽しかった。

 

あ、ビルド紹介ついでにクリアのダイジェスト版動画を作ったので、良かったらどうぞ↓

【ディビジョン2】レジェンダリーをソロクリアした、ドロタレスキルマンビルドを晒す

https://youtu.be/DMflAEh5YFw

ゆるゆるゲーム日記 ディビジョン2 その10 DUAソロレジェンダリー

とりあえずミッション中盤、鬼門のモールまでは安定して行ける感じになってきた。

だけどそのモールが安定しない…

一回だけ、1Fの入口に芋って突破できたんだけど、かなり偶然な感。

その時はこんな感じで突破。駐車場まで行って敵の追加把握してなくて死んでしもた…

https://youtu.be/GhCk8HUJFN0

 

次やった時はダメだったし、ちょっと練習したいけど、なんせ辿り着くまでに1時間くらいかかるから、あんまりモールで詰まるのは精神衛生上よろしくないねw

なんとなく3Fでやって、途中で取れるショック弾を上手く使えばいいんじゃないかとも思うけど、どーなんだろ…

1Fでやる時はタンクが出てくる前、あと敵が3、4人になったら入口のとこから出て、もっと中央にタレット置かないとダメかも。

あとはうまくクールダウンタイミングをコントロールできれば…

ここを越えれば、最期の壁はラス前のとこかな?

あんなとこで死ぬの嫌だなぁ…